今日から明日へ・・・

ponntan.exblog.jp

★★気まぐれな思いを気まぐれに更新します★★

忘れていた足元の春

夜に降っていた雨もすっかり止んだ日曜日でした
少しだけ肌寒さも感じましたが 春の雨ですね

春の嵐になった所もあったようですが

ご近所の方が
今年は長く持って綺麗に咲きましたね~♪花吹雪も綺麗でしたね~♪
それからその手前にあるピンクのツツジですか
あれも綺麗ですね~♪


我が家の方を指さしてそう言われました

エッ!我が家の何が長く綺麗だったのかな
一瞬そう思ったのですが
ああそうそう足元には雑草と共に春のお花はいちおう咲きますが
それじゃなくて周りからも目立つお花ね
ありますあります(笑)

今年は他へ出かける事ばかりを考えていて 足元のお花を愛でる時間などなく
確か去年はこの花の下で珈琲を淹れて飲んだような気も(一昨年かも知れません)

いちおう写真は写していましたので
もう散っていますが我が家の身近な足元の春です ※4月3日※

d0151694_23434814.jpg



木が高いので下からでは本当の花の顔が見えません
下の方の一部分だけですが
そう言えば今年は特に長い間咲いていましたね

d0151694_23435530.jpg

時間は同じでも表側と裏側
木にへばりついているので色合いが違ってきますね

d0151694_23440177.jpg



同じ様に目に付くピンクのツツジ
私が低く低く剪定してしまうので 
今年は房状には咲かなかったのです(吉野つつじ)

d0151694_23440818.jpg


その足元から日陰なのに小さなひこ映えが咲いています
小さくても花を咲かせていました
横のクリスマスローズの葉っぱと比較して頂けると
かなり土に着いたところで咲いているかがおわかりになるかと
クリスマスローズの葉っぱと茎がわからないかも

d0151694_23441325.jpg



これはタンポポだと思って写しましたが
最近は外来種のタンポポも多くて一年中咲いています
在来種も関東と関西は違うとか たくさんの種類でよくわかりません(・_・;)
タンポポに似ているけど ジシバリとかブタナと呼ばれるのもありますが
背が低いのでその類ではないでしょうが


d0151694_23441866.jpg



以前にピンクのタンポポを植えました
珍しくて、次の年も普通のタンポポのように咲いてくれる
そう思ったのですが 咲かなくて・・・
お隣はいっぱい咲いていたので伺うと 種を採って蒔くのよ
そう言われました(笑)タンポポも種を蒔くのもあるのですね

これはタンポポでしょうね

身近な足元の春を忘れていました

でも
身近な足元は雑草にも追われるのです(笑)

意味はないけど
更新と言う事で

本日は

おしまいね



[PR]
トラックバックURL : https://ponntan.exblog.jp/tb/26666638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2018-04-16 15:36
灯台もと暗しですね、アラックも昨日、今年初めて庭を撮影しました。いい庭ですね、バグースです。在来種のタンポポは額が花にくっついています。外来種は額が、そっくり返っています。
Commented by myurinm at 2018-04-16 23:00
アラックさん こんばんは。
お忙しいのにコメント有り難うございます。
>アラックも昨日、今年初めて庭を撮影しました。いい庭ですね
そうでしたね。凄く素敵なお花をいっぱい見せて頂きました。
良い庭ではありませんよ。わからないように美しい所だけ載せます(笑)
全部は載せられません(笑)

>在来種のタンポポは額が花にくっついています。外来種は額が、そっくり返っています。
そうなのですか。関東タンポポと関西タンポポがある事も知らなかったです。
ネットで見たら、本当にありました。
たかがタンポポ、されどタンポポですね。色々ありますね。
初めて知りました。有り難うございます。
Commented at 2018-04-17 08:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by myurinm at 2018-04-18 22:57
鍵さんへ
お返事が遅くなりましたね。ごめんなさい。

有り難うございます。そのように心がけますね(笑)
取り越し苦労とか言う言葉もありますので。

コメント有り難うございます。また書いてくださいね♪
by myurinm | 2018-04-16 00:35 | Trackback | Comments(4)

by みゅリン