今日から明日へ・・・

ponntan.exblog.jp

☆気まぐれな日々の☆気まぐれなことを☆気まぐれ更新します☆

カテゴリ:お出かけ( 219 )

晴れた心で繋ぐ歌

心配していた台風
被害に遭遇された方々や地域の方々 心からお見舞い致します



私は翌日晴れ渡り元気な朝を迎えました
最近は頸椎と腰椎の持病で少し体調が思わしくないのですが
こういう時は万全を期して不思議と動けるのですよね(笑)

延期になったり中止になったりしなくて良かったです

あの日あの時 一度だけと言いながら三度めになります

HIDEAKI TOKUNAGA CONCERT TOUR 2017 in神戸国際です

15:00開演 14:15開場なので 簡単にランチを済ませました
簡単なのに混んでいました ミント神戸7階です
簡単に軽くねが・・・かなり美味しかった(会員は10%オフ)

d0151694_01280341.jpg


青い青い神戸の空なのに
ひたすら青空は眺めないで潜ってきました


だけどこの人はいつもの所でバイオリンを弾いていましたが
この日は どうも周りが慌ただしく狭い感じでした

d0151694_01284046.jpg


1階5番扉入り口 つまりは前の方の席の入り口となります
3回めにして初めて前の方の真ん中の席です

入場の時もファンクラブの先行予約で購入したチケットは色が違うのです
今回は少し優越感に浸りながら(笑)

d0151694_01295891.jpg


さすがファンクラブです
この時☆に入会の記事 この時☆ にチケットがゲットのこと書いています

凄くついていましたね~♪

今年も開演前にグッズを購入しました
グッズ購入も 混雑事故などを考慮して 人数制限がしてありますよ
大人な対応のコンサートですよ

去年はトートバッグにキーホルダー類を購入しましたが
今年はショッピングバッグとサーモボトル

d0151694_01315895.jpg



余韻に浸りつつ
時間が時間でも甘いものと珈琲はどうしても外せない
狭いエリアですが
そごう6階の神戸風月堂カフェ
和なのでお茶が付いていましたが珈琲にもよくあいました

d0151694_01312828.jpg



去年は真夏で日暮れもやや遅かったので ハーバーランドで 
例の観覧車に乗ったのですが


狭いエリアで潜ったままで帰宅致しました

過去記事でお話していますが
今年はファイナルにも行くよ~~~ファイナルね
どなた様もグランキューブ大阪でお会い致しましょう(*^-^*)



今回のコンサート 徳永さんの素敵な甘いハスキーな声のバラードですが
ロックバージョンにアレンジされた「壊れかけのRadio」などいいノリで
良かったです
私のささやかな贅沢



徳永英明さん BATON  Music Video


このバトンは「頑張れ」ではない応援歌です
次に繋がるバトンです


ちょっと疲れたけど
いい日になりました

神様に感謝です

本日おしまい



-----------------
あッ!いつも一緒に行くネコさんと一緒ね





[PR]
by myurinm | 2017-09-20 12:10 | お出かけ | Trackback | Comments(12)
日一日と秋めいてくる
芸術の秋 読書の秋 食欲の秋 スポーツの秋 ・・・秋
そして 私は
今年はなにの秋にしようかな

御託を並べていないで本題にはいる

いきなりこの画像 
2015年にこの場所に設立されたのです 

d0151694_19461241.jpg



遠くを見つめるような青い大きな瞳
右手に希望の象徴の「輝く太陽」を持ち大地に建つ少女像
過去現在未来をみつめ 復興と再生を見守っています

Sun Sister(サンシスター)
阪神淡路大震災20年のモニュメントとして建立されました
高さは6m(足元のプレートに書いてありました)
HAT神戸にある
兵庫県立美術館の南階段に設置されているオブジェです
(※神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1−1)

京都造形芸術大学教授
ヤノベ ケンジさんの作品です


d0151694_19351767.jpg

遠い未来を見つめている・・・そんな目でした



この時は膨らんでいなかった 美(み)カエル も膨らんでいました
もっと来ているはずですが・・・思い出せない(笑)


あのシンボルの美カエル 今年の5月に新しくなったらしいです
美(み)カエル → 作品で癒された心で持ちカエル の意味があるシンボルマーク

d0151694_19494723.jpg



で、今回は 美カエル君の下のポスター左の「怖い絵展」に行って来ました
最初から怖いです(間違えていシャッターがガシャ!怖そうなので残しておきます)( ;∀;)

d0151694_19364645.jpg

本当はコチラ
d0151694_19365270.jpg




18日で終わりです 夏休みは終っているのに
まだまだ混雑でしたよ
混雑している。そう聞いていたので敢えて9月に入ってからにしたのですが

私には一同にに集められた絵画展の意味があまり理解できません
それはいつもの事です 良さはわかりません

d0151694_19370208.jpg


どこへ行っても自分が好きになった絵を見つけると すこしだけ
会話をするのですが 今回はどの絵にも話しかけなかったです(心の中でですよ)
本当に会話したら即退場です←そんなんわかってるわぃ!と突っ込み入れないでね

だけどサンシスターには話しかけて来ました
ご苦労さま 日暮れが近いからね もう1ヶ所行くからまた来るね・・て(笑)

d0151694_19370863.jpg


実際には こんなに日暮れな時間じゃなかったのですが
逆光で 私には写せないので 太陽を避けたら 本当の日暮れになってしまって(笑)


さぁ急ぎましょう
まだ次へ行かなくちゃならないのです




----------------
ちなみに
同じく東日本大震災の復興を願って ヤノベ ケンジさん作
阪急の南茨木駅前のサンチャイルド 6.2mの子供の像
サンシスターの弟だと言われています
東北方面を見て やっぱり右手に右手に「希望の象徴の太陽」を持っています

d0151694_16152259.jpg

私は行ったことないので茨木市のHPからお借りしました↑↑



ところで
この時のこのオブジェも阪神淡路大震災の復興雄シンボルとして作られました
今はライトアップもしていると聞きますが
今回はここには出かけていません

以前の記事です →ここ☆

あの時のモニュメント画像 鉄人28号
 ※神戸市長田区若松町6-3 若松公園内  15.3m 直立すると18m

d0151694_13333570.jpg

きっと復興を目指して強いポーズで立ってることでしょう
あちらこちらにきっと復興モニュメントがあることでしょう

----------
現在過去未来。。なんか歌に出てくるようですが
私のブログも現在と過去と未来を融合させて書いている時があります
想像は全くないのですが
何とも難解だと言われてしまう・・・のです

私の心の復興はいつになることやら(笑)
----------

一緒にして申し訳ありません(不謹慎極まりないです)

本日
おしまい
次に続きます
嫌だと言われても続くのです

see you


[PR]
by myurinm | 2017-09-13 14:22 | お出かけ | Trackback | Comments(12)

初めてのゆいレール

昼間はまだまだ残暑が厳しくて
あの日のかき氷が食べたいです(笑)

朝からとんでもないニュースが飛び込んで来て大変です
自然をも含めて 世界中が平和であってほしいです


あの日あの時 ←いつやねん!の突込みはせんといてね(笑)
数回は訪れていますが「ゆいレール」に乗ったのは初めてでした

ゆいレール
沖縄県内で今現在走っている唯一の鉄道路線だと聞きます

ロゴがかわいいです ネットからお借りしました
「ゆい」とは沖縄の方言で「助け合い」と言うらしいです

d0151694_15161942.jpg


あの日は目が覚めると カーテンを開けると青い碧い海ではなかった

d0151694_00533541.jpg


でも朝から夏の雲がむくむくと さすが沖縄の雲だと思いました
海も街の遠くです
お天気も良く高いから見えたのでしょう


d0151694_00534281.jpg



d0151694_00534892.jpg


リゾート感の海からほんの少しだけ離れるだけで賑やかな街になります
沖縄すごーい(笑)

ゆいレールが入ってきました
何を写しているんや!と言われながらこそっと写した(笑)

首里駅方面からやってきました
d0151694_00535454.jpg

那覇空港へ向かいます
d0151694_00535914.jpg

ゆいレールは 那覇空港駅から首里駅とを結ぶ沖縄都市モノレールです

沖縄はレンタカーが主流です
那覇空港を降りてすぐ外へ出ると レンタカーのシャトルバスに乗って
レンタカーの会社のカウンターまで連れて行ってくれますが
荷物を積んだり下ろしたり 手続きをしたりかなり疲れます

でも今回は那覇空港の2階からすぐ連絡しているゆいレール
駅を降りるとそのまま連絡している広い歩道橋の道をコロコロを引いて歩くとすぐ
レンタカーカウンターがあるビルがあります 大きな便利なビルでした
受け渡しも便利でしたよ

夜の国際通りは帰りたくなくなります



More・・・モノレールはね
[PR]
by myurinm | 2017-08-29 17:15 | お出かけ | Trackback | Comments(12)

碧い海が朱く染まった日

八月になったね
夏生まれなのに 夏のお出掛けが苦手になり
夏に動くのが苦手になり


日中より夕刻を待つようになって
日暮れ  黄昏  たそがれ  誰そ彼(たそかれ)
侘しさは夕暮れ時に 誰そ彼 あなたはだぁれ


この間の二泊目の夕暮れ
ホテルの窓からふと外へ目をむけると ちょうど太陽が落ちていく時刻

落陽夕景は 私には無理
私は写真をお見せするブログではないから 
だったら何を見せるの などと突っ込みをいれないでね(笑)

だけどなんとかこの雰囲気は伝えたかった でも無理(自己満足と言うことに)
少しだけ陽の光を避けると 微妙な雲の動きと色合い

d0151694_02515994.jpg

前回はホテル日航アリビラ

今回も遠くない西の海のロケーションがとても良い
恩納村(おんなそん)の素敵なホテル

やがて太陽が海の向こうに沈みかけた

d0151694_02520522.jpg


空は茜色に染まり
海の色も変わり始めた
あのエメラルドグリーンの海が 奇跡のように朱く染まり

空と海の色が同じに見えた
d0151694_02521120.jpg



すべてが茜色に魔法がかかった


(最後はスマホ画像)
黒っぽい雲が朱く染まる前かな(素材そのまま)

d0151694_02521659.jpg


あんなに青い碧い海が
残すところなく茜色になる 自然って 不思議

今宵はゆっくり海を眺めよう そう思って部屋のバルコニーの椅子に腰かけ
神秘な海を眺めていた

あのエメラルドグリーンの海が 鮮やかな朱に染まった神秘

いつか海と間違えるほど大きな湖面に大きな夕日を眺めて
感動したことがあった
遠い遠い昔ね
思い出の引き出しにいっぱい入れているけど
懐かしいけど
いま なぜか 私は あの場所が大嫌いになった


長い人生 いえ そんなに長くないのかも
色んなことが今から始まる

良かった。。そう思える人生に


ケツメイシの「君と出逢って」(マネージャーの結婚式)


大好きな場所が大嫌いにならないように

と言うことで

今回は

おしまいね



[PR]
by myurinm | 2017-08-04 11:22 | お出かけ | Trackback | Comments(16)
どうしたのか熱っぽい
どうしたのか食欲もない
どうしたのか怠い
どうしたのか・・・・どうしたのか

どうもしてないよ。やっぱり少しだけお疲れでした(歳とも言うかも)笑
紹介したい所がまだまだあったので
気分屋でお付き合いを


☆海中道路☆ ←紹介はこちら(クリック)

その海中道路を進みながら、伊計島ビーチまでの間ですが
宮城島あたり
ガイドブックを見ていると美味しそうなかき氷が
行きたい!絶対に行きたい!私の我が儘が出た

左手に小さな看板 あッ!ここやん ☆瑠璃+島色☆←詳しくは

d0151694_17392175.jpg

入り口はこの小さなドアだけ
かなりの人が並んでる・・・暑い外で
駐車場は 車は3台ぐらい みんな外の一方通行の道路
椅子とテーブルが置かれている 席は20~25席ぐらいかな

あまり暑さも感じず3~40分は待ったと思うよ

d0151694_17395521.jpg

外のテーブルに置いてあるメニュー
先に見て決めておく

いちごみるく マンゴーみるく 氷和三盆 だったような
もう記憶が飛んでいますけど

d0151694_17400712.jpg


陶房のギャラリーが一緒になっていて
外から見るより広くて綺麗


d0151694_17403731.jpg

d0151694_17404181.jpg


これ。。和三盆だったっけかな
d0151694_17402416.jpg

これがイチゴみるく
みるくをかける前・・・
残念なことに 私はマンゴーみるく  もうとろふわで美味しかった

d0151694_17403053.jpg



それから、また海中道路を進みあの伊計島の伊計ビーチです

いつものこの方がリンク貼ってくださいましたが ☆伊計島ビーチ☆←(かっきーさん編)
それは美しいビーチでしたが
グラスボートを楽しもう~♪と言う事になり「グラスボート」に乗って来ました
サンゴ礁が真下で綺麗な色のお魚が・・・・身を乗り出し手を伸ばせば触れるぐらい
私・・以前に他のビーチで経験しましたが
内緒ですが・・ここの方がお魚がいっぱいでした(笑)

きっと泳いでいると その近くでも見つけることが出来るぐらいに
澄んで美しい

d0151694_17410668.jpg

d0151694_17411295.jpg


どの海が良くてどの海がいけないでは・・・ありません

私はこの日この青い碧い海が心地よかったのです

無理にこじ付け更新

おしまい






[PR]
by myurinm | 2017-07-28 18:47 | お出かけ | Trackback

海の日 碧い海


梅雨明けすると一気に暑くなります
皆さん水分をよくとって この暑さを乗り切りましょう
・・・と
夏が苦手な私が言います(笑)

d0151694_00132785.jpg


-----------------------------------------------------------


とても海が美しい季節になりました
特に真夏のエメラルドグリーンは何とも言えない美しさです
エメラルドグリーン・・・青と言うより碧の方がいい感じ

d0151694_10494858.jpg



真夏のお出掛けは苦手になりましたが4~5度めの沖縄です
ここの海は透き通っていて美しかったです

私は上手に写せないので想いが伝わりませんが。。
気持ちだけ(笑)

海の日です
沖縄の本島から5つの島へ渡る海中道路(海の中じゃなくて、海の上を走る道路)
行く先々で通り雨に合った人達があるようですが
雨には合わずにラッキーでしたよ

d0151694_10494422.jpg


途中で降りて行かなきゃ意味がないかと
何度も何度も降りては 碧い透き通った海水に触れました

d0151694_00134974.jpg



ここは伊計島にある伊計ビーチ(イケイビーチ)
きっと今日あたりからは凄い賑わいでしょう

d0151694_10500197.jpg


砂浜を歩き
サンダルの中が砂だらけ(綺麗なサラサラした砂)
透き通った碧い海水

すぐ近くにお魚が見える。。

d0151694_10534780.jpg

健康で夏を乗り切りましょう
そして
青い空が いつも青く
青い海が いつも青く(碧く)

食べ物が美味しく ふつーの日々が
ふつーにおくれますように

この話題まだまだ続きます

本日は

おしまい



[PR]
by myurinm | 2017-07-20 11:19 | お出かけ | Trackback | Comments(20)

聖地

梅雨明けしたと言う沖縄
南の島らしく真夏のような光景

このあたりはまだまだ梅雨明けにはほど遠いはずだけど
朝からいいお天気です

あの攻撃的な集中豪雨は避けてほしいと
神様に祈るしかないです

神様と言えば
僅かな時間の続きになりますが
ここ伊和都比売神社(いわつひめじんじゃ)横目でチラ見ばかり
いちおうブラッと回ってみたけど拝殿までは行ったことがなかった

今回その僅かな時間に拝殿の方へと回ってみました
伊和都売女神社(いわつひめ神社)
案内板を載せている過去記事があります ☆過去記事の案内板☆
興味がおありの方は Wiki などでどうぞ

赤穂の温泉街にあって海に向かって鎮座している神社
古い昔は海の岩礁にお祀りされていたとも聞きますが

平日のなんのイベントもない昼下がりは誰もいませんでした
拝殿で柏手を打ち
初めて拝殿の後方にある本殿を・・と歩き出しました(右側から)

d0151694_00544005.jpg


どうしても垣根越しで中へ入れないようです
他に方法はあったのかも知れませんが

d0151694_00545616.jpg


その右手にお祀りしてある2つの祠(なぜか良い雰囲気の祠でした)
きっとご夫婦なのでしょうね(詳しくは知りません)
d0151694_00550018.jpg



うっそうとした中を少し行くと
なにか祠らしき建物が・・・

d0151694_00550663.jpg


邪魔になる木々を前かがみになりながら進むと
石仏らしきものが3~4個積まれていました
これはお地蔵様なのかしら・・お顔があるように思えてしゃがんで

ふっと立ち上げると 嫌に頭が軽い
えっ!私の帽子がない 誰かに持っていかれたような気がして

えっ!なんで!?きょろきょろとしていたら木の枝に引っかかっていました
なんか不思議な空間にいたようでした(人が誰もいなかったから)
私はうまく写せないけどね
このお地蔵さんは私を見上げているように思えるお顔立ちの目がありましたよ

d0151694_00551066.jpg

結局は社務所も見つからず(きっと拝殿の左側から行けばあったのかも)

縁結びのパワースポットになって
姫守り(ひめまもり)と言うのがあるらしいと聞いたけど
まぁ私に姫守りは必要ないけどね あッ!ひょっとしてあったりして(o^^o)

若い男女のカップルが多いのでしょうね

今プロジェクトとして全国にある「恋人の聖地」
最近では琵琶湖バレイでも竹田城の竹田駅でも見かけました
我が県はここを含めて5ヶ所あります wikiより

きっとここもイベントがある時はライトアップでもあるのでしょうか
神社の境内の一番西の端にありました(一望の席)と記載されていました

d0151694_00552908.jpg


誰もいないので座ってみました
d0151694_00552538.jpg


播磨灘を眺めていると
浜風が心地よくのんびりとした気分になります
d0151694_00554492.jpg


誰か来られたようなので 慌てて席を立ちました(笑)

そこからまた下の遊歩道へ降りて
あの鳥居を
右側から写したかったのですが大きな黒いワゴン車が写ってしまうので
いくら拘りがない私でも ちょっと外して左から


d0151694_00555103.jpg


ぐるっと回ってあの穀琲のSANPOUさんに止めている車まで
時間にすれば1時間ぐらいの僅かな僅かな時

聖地に触れた気がして帰路につきました

これからは横を通ってチラ見をすることはあっても
多分・・・ゆっくり立ち寄ることはない聖地です

意味がないけど
本日も
これにて更新にしよっかな

おしまい



[PR]
by myurinm | 2017-06-23 12:06 | お出かけ | Trackback | Comments(12)

ひとりで穀緋を

梅雨の中休みにしては長すぎる
自然は帳尻を合わせてくるとか
そんな帳尻は会わせなくていいのに

続きですが
ほんの僅かな時間をと・・・

あのまま帰っても良かったけど
あのいつもの神社へ寄り道すると いつも目に入る
あの日のように寄ってみた

ひとり貸し切り

どちらの席でもどうぞ 

促されてチラッと見た端っこのテーブル

d0151694_11461205.jpg

気にはなったけど
海が見える方がいい

少し邪魔なものが写っているけど気にしない
お洒落感で言えば同じような方向でも ココ☆ にかなり負けていますが

d0151694_11461750.jpg




今回はひとり
迷うほど時間もない
あの時と同じように デーツと煮りんごのジュレ

ふぉわ~ん と口の中で融けるようですぐになくなってしまった

d0151694_11470075.jpg


やっぱり穀緋より珈琲がいいそう思ったけど

あの神社の一角にあるお店 天と海と菓子と SANPOU

d0151694_11464745.jpg


d0151694_11465175.jpg


678-0205赤穂市御崎2-1 伊和都比女神社前☎0791-42-515510:00~18:00 
LO17:00 定休日(水)

ほんの僅かだけ ぼんやりとして ちょっとだけ違う空間を味わって
すぐに出た

目の前のあの神社へと

d0151694_11470712.jpg


相変わらず鳥居の向こうは海が見える
ぼんやりと霞んでいるように見えるけど

空は凄く青かったのです

d0151694_11472784.jpg



いつも素通り
でも今回は少しだけ拝殿の方を回ってみることにしました

彼女と別れたほんの僅かな時間
自分を忘れることの時間

僅か数分

その数分がとても愛おしい 天と海と・・・


あの日、狭い道に少しだけ車を止めたのが凶と出ました
枇杷は竹林の上のほう
白い露草は笹薮の手前
かなりの藪蚊でしょうか・・・やられちゃいました
あれから私の両手は・・・・(笑)

おやすみなさい






[PR]
by myurinm | 2017-06-20 01:18 | お出かけ | Trackback | Comments(10)

梅雨の心ここに有らず

週末です
梅雨です
なのに・・かなりよく晴れて爽やかなお天気です

この時間の紫陽花はお見せするのが可哀想な姿です
梅雨の心は何処に・・
降らないに越したことはありませんが色んな支障も出て来ます
あのジメジメ感は嫌ですが
テキトーにふつーに梅雨は梅雨らしく 集中的にはいけませんが(笑)

いつものように
いつもの海の見えるお部屋へ行ってきました

いつものように前後するのですが
帰る時の光景です

いつもの神社のところのいつもの海岸の遊歩道です
ずい分と下の方の離れた光景なのですが

d0151694_14275539.jpg


私の画像では見えないと思いますが
カップルが手を取り合って岩場をおそるおそる降りていました
大丈夫かな・・・なんて思いながらしばらく目を離さず見ていました

いいよね・・若いってっさ なにしてたって ほのぼのといい~光景なんだからさ

車で走ってた時は
:あれなに :ドクダミの花かな :凄い!いっぱい! 
:引っこ抜きたいな :干してドクダミ茶にでもするの

などと言いながら通り過ぎたのだけど
帰りに車から降りてよくよく見ると ドクダミなんかじゃない

d0151694_14283743.jpg


側まで行ってよく見たら

d0151694_14285253.jpg


これってあの露草の白じゃないのかな・・と思うけど
葉っぱもそうだしね
私はふつーの紫っぽいのしか知らないから
日陰でずず~と続いて群生している様は圧巻でしたよ

種が飛んで増えるのかしら・・・

やっぱり車から降りて見てみるものですね

d0151694_14285702.jpg




それから野生の枇杷の実

野生だから手入れもされず伸び放題で高い所で、他の木と絡まっていましたが
ぐるっと見上げて 一部分だけ下から写してみました

d0151694_14290450.jpg


小さな小さな枇杷の実がぎっしりでした
枇杷って効能がいっぱいありますよね
でも放置されている野生の枇杷は見向きもされず
気の向くままに大きな木になって・・でも小さな実をいっぱいつけていました

梅雨とは関係ない話題ですが
露草と梅雨・・・と言うことで


お後はよろしくないですが

続きますので

本日

おしまい



[PR]
by myurinm | 2017-06-17 15:09 | お出かけ | Trackback | Comments(8)
「あの日を忘れるために」
と、タイトルをつけたけど すぐに思い直した
記憶にあるのなら、あの日あの時を忘れなくてもいいと・・・

この時期ここの霧島ツツジが燃えるように紅くて美しいのを知っている

たまに行く京都の街が好き・・とはいつも言うけど
ここは 敢えてさけてきたかも知れない きっとさけてきた
どうしてかな。。他も同じことなのに

写真を写しにきた訳でもないよ 写真は専門の人にお任せして
見せて頂くのがいちばん嬉しいもの

いつものように優柔不断で迷いつつ お昼を過ぎてから電車に乗る
阪急電車がかなり早くなって 特急が止まる

いくら駅前の雰囲気が変わっていても 忘れるはずがない
身体が・・足が・・覚えていた 迷わず歩き出す 大鳥居が見える

西日を浴びた散りそびれた 八重桜の残り花

d0151694_02214740.jpg


色んなことを思い出しながら ゆっくりゆっくり一人で歩いた
八条ヶ池周辺はもちろん 本殿から錦景苑の青葉のあたりも

ぐるっと回って水上橋も渡って 六角堂からずっと端っこまで来た時
ある男性が声をかけてくださった
夕刻が迫っているのに barが一人でのんびりと歩いていたからでしょうか

今から噴水が上がるから もう5分待っとき
えっ!噴水ですか。。 へぇ・・知らなかったです
この時間だけに来てるんや 朝とこの夕方と一日2回な

えっ!一日2回もですか。。
朝いちばんに来るんや それと風が止むこの時間とな
もうちょい日が隠れると あの紅が何とも言えないんや


でも・・もうお終いやで
桜の頃に来れば良かったのになぁ。。

そんなに来れないですよ・・・・

そう言いながら噴水が上がるのを待った 
そんな八条ヶ池の噴水なんて 私は知らないもの
木の橋の温もりが何とも言えない

わぁ!ほんまですね~♪ 素敵~♪知らなかったです
有り難うございます・・・・


これと これとこれなんてええやろう 外人さんが喜ぶねん

いっぱい見せて頂きました 有り難うございます
その方の狙ってらっしゃった画像は全然違う方向で素敵な噴水とのコラボ

私には写せる訳がない
あの人とこの人とその人に付いてきてもらいたかった 意味深に言っておく方がいい(笑)

d0151694_11180047.jpg



でもね
桜並木のことはちゃんと知っている どこを通っても桜のトンネル
d0151694_02220187.jpg

d0151694_14045292.jpg



そう言えば通勤する人も学生さんも 桜の頃は敢えて下を歩かず 
桜の下を通る 無料の小径

あの坂 あの丘 あの曲道 駅までの周りの桜が綺麗だった
あのケーキ屋さんはなくなって あのカフェはまだ営業していた 
いつも行くカフェでさえ名前を思い出せないのに

すぐにわかった(笑)


d0151694_02222587.jpg


燃えるような真っ赤な霧島ツツジ
桜が終わると真っ赤になる 朝日を浴び夕日に映え

d0151694_02222976.jpg



向こうに見える「錦水亭」の方へもぐるっと回った

d0151694_02221793.jpg


こちらはちょうど陰になるから西日を浴びて綺麗に見えた

d0151694_11071914.jpg




なぜ懐かしいのか・・・誰も知らない訳じゃない
あのリゾートマンションのテンちゃんは知っている
画面の向こうで。。ふーん(* ̄- ̄)と馬鹿げてると思っているに違いない

もちろん京都で会う友達も知っているけど 彼女達はここを見ないと思う

白状すると長い間引きずってきた
言うと笑いネタになるだけ 誰も私の想いなどに興味もない
それでいい・・・


d0151694_02222178.jpg



あの人と同じ名字の人と出会ったねん 最初は凄く驚いたけど 
同じ名字やねん 同じ冬生まれやねんで
まだ誕生日を覚えている。。て、ほんまアホやろ(笑)
覚えてないと困る事は忘れていくのに


河原町行の電車が走ってきた 金網から思わず写したけど
あの頃の阪急電車と違うよ 特急が止まるから 桂で次が烏丸

そんまま帰らずに烏丸で降りて 地下鉄に乗り換えて
京都駅に向かう ずい分と近い

d0151694_00371648.jpg



いつもよく知っている京都駅だけど
そっと確かめに行きたい場所があるから


これで終わりにできない


まだ続きます(笑)


訳の分からないお話でした

本日は

おしまい

ここまで読んでくださった方
お疲れ様でした





[PR]
by myurinm | 2017-04-30 13:35 | お出かけ | Trackback | Comments(10)

by みゅリン